mtsmfm blog

フィーチャと一対一なステップ定義(アンチパターン)

原文 : Feature Coupled Step Definitions (Antipattern)


フィーチャと一対一なステップ定義はフィーチャやシナリオをまたいで使うことのできないステップ定義です。 これは、ステップ定義の急増やコードの重複、そしてメンテナンスが大変になるため有害です。

架空の履歴書アプリに以下のステップがあります:

1
2
3
4
5
6
7
8
features/
+--edit_work_experience.feature
+--edit_languages.feature
+--edit_education.feature
+--steps/
   +--edit_work_experience_steps.rb
   +--edit_languages_steps.rb
   +--edit_education_steps.rb

edit_work_experience.feature に次のようなシナリオがあります:

1
2
3
4
5
シナリオ: 説明を追加する
  前提 履歴書があり、説明の編集ページを表示している
  かつ "説明""Cucumber BDD tool" と記入する
  もし "保存" を押す
  ならば "説明""Cucumber BDD tool" と表示されていること

edit_work_experience_steps.rb が次のように実装されています:

1
2
3
4
5
前提 /履歴書があり、説明の編集ページを表示している/ do
  @employee = Employee.create!(:name => 'Sally')
  @employee.create_cv
  visits("/employees/#{@employee.id}/descriptions/new")
end

修正方法

  1. ステップをドメインコンセプト毎にまとめます。ステップのまとめ方を見てください。
  2. step.rb ファイルを(フィーチャやシナリオに関連した名前ではなく)ドメインに関連した名前に変更します。
  3. 結合したステップ(アンチパターン)を独立したステップに分解します。
comments powered by Disqus